2018年09月15日

「花」

「花」

という曲を作り

furaniちゃんがピアノアレンジしてくれました

そしてこの曲を

金城色ちゃんが歌ってくれる事になりました

furaniちゃんとは音風からもう15年、最近ではランチをしたりしてます

二人にはDRILLのレコーディングにも協力して頂き

素晴らしい音源に仕上がることができました

ありがたいことです

ミュージシャン・アーティストとしてとてもリスペクトしてます


今、この「花」を音源化するため二人の力を借りて作業してます

オケの段階でも素敵に仕上がってるので動画を作ってみました

どうか当駄ブログ見て下さってる皆様の時間を3分下さい

そして

是非見て聴いて気に入って下さい

心に届けば嬉しいです



このオケに歌が入り曲がちゃんと音源化されたその時、また是非応援して下さい


そしてそして


furaniちゃんも色ちゃんも精力的にライブ活動を行ってます

その中でも大切なワンマンライブが近々各々にあります

★色ちゃん
10/6(土)赤坂グラフィティ
金城 色 初レコ発

色ちゃんがカヴァーするイーグルスの「デスペラード」と夏川りみさんの「涙そうそう」は本当に素敵




↑色ちゃん動画

★furaniちゃん
11/3(土祝)恵比寿天窓.switch
furani15thワンマンライブ ふらにばいためvol.15

furaniちゃんの「100円玉の勇気」は未だ想念震えて涙でます、オーケストラのライブも本当に圧巻!




↑furaniちゃん動画

近々行われる2人のワンマンライブの応援も重ねてお願い致します


去年怪我で何もできなかった分

自分も今年は年末あたりにライブが出来たらななんて思ってます

その時は遊びに来て下さい







ps

この「花」を他界した父に捧げつつ
posted by GON at 09:27| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

2018.7.17

ツイッターにも記しましたが

あの日以来

毎年今日という日を迎える度

命・時間・想い「生きる」という事をより深く考えるようになりました

写真の泰司さんと自分

TAIJI&GON1.jpg

TAIJI&GON2.jpg

TAIJI&GON3.jpg

この時から四半世紀の年月が経ちました

それでも色褪せず変わらぬ事

喜怒哀楽、御一緒に過ごさせて頂いた日々

自分の寿命尽きるその時まで

ずっとこの笑顔と残してくれた音を

沢山チャンスを与えてくれた事・沢山救って頂いた事

その御恩をいつまでも心の中に



Voiceless 音風otokaze version
TAIJI・furani・GON


ベースも

ギターも

いつでも手を伸ばすだけで触れ奏でる事ができる

その幸せをかみしめて

S_8276547256674.jpg

また明日からも進みます
posted by GON at 16:24| 東京 ☀| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

「男はつらいよ」GONのメモ

昨年の4月〜今年の3月まで

BSジャパンで毎週土曜日に「男はつらいよ」全48作を放送してました

かねてから寅さんを通して見たかったのですが

3〜9月腕骨折

10〜4月中足骨骨折と

動けない時期も重なり、その気晴らしにもなった有難い放送でした


以前のブログにも書きましたが、自分は昔のドラマや映画をよく見ます

そして撮影当時のロケ地も気になってしまうのでストーリーと背景を二重に楽しんでるような感じです


以下、少々勝手な文章もあるかと思いますが寅さんの事をどうしてもブログに記したかったので

「男はつらいよ」48作見た個人的なプチ感想と気になったロケ地(都内)に赴いたりした写真をアップしてみます


寅さん

柴又2.jpg

初めて1作目から見たのですが

正直、6作目あたりまで

当時の時代が映り込む背景には目を輝かせてたものの

「どうしてこんな身勝手なろくでなしが?」なんて

面白さというより寅さんの言動や行動を不愉快に思った事も多かったです

それは渥美清さん演じる車寅次郎が演技を超えた存在だったからこそ見事に入り込んでしまったんだなと

だんだんと寅免疫もでき、7作目(榊原るみさんがマドンナ)あたりから

寅さんの優しさ溢れるろくでなしっぷりに更に引き込まれるようになっていきました

当時の人々が、映画館に足を運んでまで見たかった寅さんは時代が求めてたヒーローなのかななんて思ってみたり


48作・約27年

夏と冬の年に2度上映(年1度もあったようですが)

27年分を1年に凝縮し週イチで見てるとタイムマシンに乗ってるような時代の遷り変りがよくわかります

自分は「男はつらいよ」とほぼ同い年なので

作品毎に自分が何歳だったなんて照らし合わせながら懐かしいなって思う事も沢山詰まってました

寅さんが歩いた江戸川.jpg

女優さん

毎回寅さんのマドンナ・ゲストの女優さんが出演されますが

リリー役の浅丘ルリ子さん・歌子役の吉永小百合さん(超キュート)は同じ役柄で2度出演されてる一方

竹下景子さんは3度の最多・大原麗子さんも2度・檀ふみさんは2度中1度マドンナをされたのですがそれぞれ役柄が違う

初期の旅芸人一座の娘役は岡本茉利さんだったけど、マドンナで扱われた37作では志穂美悦子さんになってたり

タコ社長の娘役の美保純さんも突然出てきて突然居なくなって

連続性がワクワクしてしまう性分としてはちょっと残念だったり

それもひっくるめてコアなファンになってしまったということで

もう一つ驚いたのは

1980年 「寅次郎かもめ歌」で

第26作1980年12月27日男はつらいよ寅次郎かもめ歌田中美佐子さん.jpg

ちょい役で出演されてた田中美佐子さんのオーラがハンパなくびっくりするほど今風でお綺麗でした


〜全てを見終わり〜

これは個人的意見ですが自分が1番好きなのは

第18作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」です

寅さんのおすすめは?なんて問われたらこれを推します

京マチ子さん「お名前は?」

寅さん「とらじろ〜です・・・」

モジモジしながら答える寅さんが可愛いのと

途中、京マチ子さん演じるマドンナが亡くなってしまうのですが

ラストの柴又駅で寅さんとさくらさんが会話するシーンに涙止まりませんでした


他界されてしまった沢山のアーティストや役者さん

全盛期の頃に戻ってもう1作だけ見れたら・聴けたらなんて叶わぬ願い多々ある中、寅さんへもそんな想いです

今現在、全盛期の寅さんが居たらマドンナはだれになるかな?なんて想像もしてしまいました


渥美清さんが他界された後に国民栄誉賞を受賞された事を知り

それはきっと寅さんにも送られたんだなって

1年間48作見て寅さんがなぜ人々を魅了したのか

この記事の冒頭に書いたように見始めた当初は寅さんを「身勝手なろくでなし」呼ばわりした自分が

「次の寅さん早く見たいな」って思うようになっていた

そういう事なんだなって

その偉大さに今では感銘を受けつつ今更ですが寅ロスに陥ってます


また時間を作って見返して寅さんから元気を貰おうと思います


〜ロケ地めぐり〜

以下、見覚えのあるピンときたロケ場所(文京・上野・浅草)の写真を撮りました

劇中と2018現在の比較ができるようにした写真です

まずは


第18作「寅次郎純情詩集」
根津神社.jpg

第18作1976年12月25日男はつらいよ 寅次郎純情詩集根津神社.jpg
寅さん根津神社で商売


第20作「寅次郎頑張れ」
第20作1977年12月24日男はつらいよ 寅次郎頑張れ不忍池2.jpg

第20作1977年12月24日男はつらいよ 寅次郎頑張れ不忍池.jpg
中村雅俊さんと大竹しのぶさんがデートしてた不忍池


第21作「寅次郎わが道をゆく」
第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草.jpg
浅草国際劇場が浅草ビューホテルへと変貌

第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草2.jpg
洋食ヨシカミは変わらず

第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草4.jpg

第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草3.jpg
ヨシカミ周辺は様変わり


第23作「翔んでる寅次郎」
第23作1979年8月4日男はつらいよ 翔んでる寅次郎国際通り三平ストア辺り浅草寺五重塔方面.jpg
浅草国際通り三平ストア辺りから浅草寺の五重塔方面を映してる下で寅さん商売


第24作「寅次郎春の夢」
第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢上野2.jpg

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢上野1.jpg

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢上野3.jpg
寅さん上野で呑む

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢不忍池2.jpg

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢不忍池.jpg
寅さん不忍池で商売


第28作「 寅次郎紙風船」
第28作1981年12月28日男はつらいよ 寅次郎紙風船菊坂下2.jpg

第28作1981年12月28日男はつらいよ 寅次郎紙風船菊坂下1.jpg
寅さん菊坂下にあらわる


第35作「寅次郎恋愛塾」
第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾2.jpg

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾1.jpg
平田満さんが寅さんに会いに傳通院辺り歩いてる

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾上野.jpg
平田満さんと樋口可南子さんのデートは上野

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾上野2.jpg
寅さん上野で呑んでる

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾白山下.jpg

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾白山下2.jpg

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾白山下3.jpg
樋口可南子さんのアパート・白山周辺


第37作「幸福の青い鳥」
第37作1986年12月20日男はつらいよ幸福の青い鳥.jpg
長渕剛さんが絵を運んできたのは芸大横


第47作「拝啓車寅次郎様」
満男の会社1.jpg

満男の会社2.jpg
いつも通ってるアニマル浜口道場の裏が満男の会社

第47作1995年12月23日男はつらいよ拝啓車寅次郎様.jpg
会社の出入口は馬道交差点付近の別の場所

上記全て週に2度以上通ってる場所なのですぐにピンときた場所でした

こんな近くで寅さんのロケしてたんだな〜とめちゃくちゃテンション上がってしまい

通りかかった際にパチパチ写真撮って楽しんでました

もうすっかりオタクです


〜オマケ〜

太陽にほえろ!ボン時代の第205話「ジョーズ探偵の悲しい事件簿」に
太陽にほえろ!第205話「ジョーズ探偵の悲しい事件簿」男はつらいよ葛飾立志篇.jpg
第16作 1975年12月「葛飾立志篇」の看板が映ってました

こういうのがワクワクしちゃうんです


よく浅草に来てた寅さん

スカイツリー.jpg
スカイツリーを見たらなんて言うのかな

今では無理な表現も許されてた時代があったり

柴又1.jpg

人も風景も変わっていくけど残る映像に沢山励まされました

柴又3.jpg

本当にこの1年、とても楽しませてもらいました

当駄ブログ読んで頂いた方がちょっとでも寅さん見てみたいなって思って頂けたら幸いです

のんびり柴又散歩もオススメです
posted by GON at 23:04| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

2018

2018も

もうすぐ5月

今年初のブログです

新年の挨拶もスルーしちゃってました



ブログを書く心の余裕がやっと少しできたかななんて

そんな感じです


昨年の10月・11月に2度足の疲労骨折したのですが

骨の再生と関節のこわばりで

リハビリをしているものの足の裏側にできた違和感

ずっとハッピーターン位の大きさの小石を踏んでるような感じはまだ続いてたり

その足をかばう不自然な歩き方をしてたせいもあり、大腿骨や腰のヘルニアまで影響出たり

有酸素運動ができないので体力(持久力)がみるみる落ちていったり

病気・怪我なく健康でいられる事のありがたみを顧みる時間を過ごしてました

腫れ.jpg
折れたてホヤホヤの頃は足をつくことすら出来ないほどパンパンに腫れ痛みがあったのですが

その原因がまったく思い当たらず、なんでだ??なんて思ってました

骨折は知らない間になってる事もあるようなので皆様も気を付けてください


杖・車いす、さまざまな医療用具があり使ってましたが

足が不自由になって思ったのは

医療用セグウェイがあったら便利だななんて思いました


やっと靴を履く許しが出たのですがまだ少し怖い感じです

ですが、徐々にリハビリの強度も増やし後の人生突っ走れるよう準備してます


沢山のお誘いを断りました

沢山のお見舞いを頂きました


昨年3月の腕骨折からもう1年以上

ズドーンと落っこちてたのでもう上がるだけです


こんな事を書いてる今

どこかで誰かが病気や怪我と闘ってる


どうかこの駄ブログを読んで頂いた皆様がずっと健康でありますように


もう少し色々回復できたら、また自分なりの表現に挑んでいこうと思ってます


今年ももう三分の一終わってしまいましたが

宜しくお願い致します

我がバンド「DRILL」も絶賛配信中です

尖璃琉-DRILL配信サイト
http://www.tunecore.co.jp/artist/drill

こちらも引き続き応援よろしくお願い致します
posted by GON at 09:24| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

2017・有難う御座いました

カレンダーが最後の一枚になると

1年あっというまだなと思う反面

今年は人生で初めて年に3度の骨折をし長い1年だなとも感じました


3月に左腕尺骨を折り

やっと完治した矢先

9月末に左足人差し指中足骨の疲労骨折

腫れと痛みが少し引き、油断した結果

11月初頭に同部位剥離骨折・・・

・・・と

年の4分の3骨折状態だったので

やりたかったバンドの事も

正直、気が滅入り音楽を楽しめなかった状態でしたし

お酒が入れば躁状態開放でペンが進むのですが、お酒も断ってたので

ツイッターで呟きはするものの、当ブログでの長文日記を書き込む事も気力が湧きませんでした


腕の骨折は不自由ではありますが歩けました

だけど足の骨折は踏めない・立てない・歩けない

自分にとってウォーキングやロードワークは心のリセットに不可欠な事柄だっただけに

それを奪われる事が何よりも厳しかったです


私的にも

財布・スマホ・家&車の鍵を同時紛失したり

夏に東京に降った雹のピンポイント直撃で車のフロントガラスが割れたり

つい先日も7年使ってたPCが「パン!」と弾けた音を鳴らし壊れたり

喘息薬の影響で心筋症と高血圧が加速したりと><;

ふんだりけったりてんこ盛り・・・


本当は、2011年以降、必ず年に一度はなにがなんでもライブをやろう!

なんて思っていましたが

今年はとうとう1本のライブもできませんでした

やろうと思えばやれたのですが・・・ホント気力が湧かなかったと言うのが正直なところです


それでも

そんな苦痛・不自由なんぼのもんじゃい!なんて思えるほど

素敵なアーティストの方々との御縁の輪を広げられたり

素敵な事へのお誘いを多々お受けした一年でもありました


今年の漢字一文字は自分的には「骨」or「耐」ですね


気が滅入る中でも

男はつらいよを初めてシリーズ通して見る時間もあり、寅さんに癒されたし

初見の楽しい映画やアニメも見る事ができました


いよいよ来年4月から同級は50歳にリーチ突入、40代最後になります

自分も50歳をライブで迎えられたら、それが一番の幸せなので

そこへ向けて準備と努力ができたらいいなって思ってます

その時は是非応援してください


2017

沢山御心配をおかけしました事をお詫びしつつ

関わって頂いた全ての皆様へ感謝致しております、有難う御座いました


当駄ブログをここまで読んでくれた皆様、お怪我がありませんように
posted by GON at 22:07| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

鍛錬の先の日本一の肉体

鍛錬の先の日本一の肉体

夏はボディビルのシーズンです

アニマル浜口ジムにもボディビルダーの方が鍛えにいらして皆さん其々自己鍛錬されています


体作り

人それぞれ顔の表情・身長・体重が違うように

身体もそれぞれ

骨格・筋肉量、内臓脂肪型か皮下脂肪型か

胸が付きやすい人・肩が付きやすい人・腿が付きやすい人・腕が付きやすい人

例えるなら朝潮関と千代の富士関、同じお相撲さんではあるけどタイプはまったく違う

ボディビルダーも天才体の方も居れば、同じ筋トレをしても理想の体になかなかなれない方も居る


自分も若い頃に何度か知識の無いまま肉体改造で極限まで絞り

血管や肌・内臓がボロボロ、歯がグラグラ、髪も抜け落ちる程の事をしたのですが

皮下脂肪タイプの自分は皮が分厚く膨らむかしぼむかの変化しかなく

その事がコンプレックスだったりしてたし

体重を落とすのではなく体脂肪を落とす事の重要性を知らなかった頃もありました


バルクアップ.jpg
左は今日、右は数年前、落としてた頃はやはり細いですね

ルパンと.jpg
ルパンと変らない位の頃もありました^^;


今は最低限自分なりのルールで

油と糖は一緒になるべくとらない

たんぱく質と糖は時に一緒にとる

油はこの世で一番高カロリー、でも必要な物だからこそなるべく品質のいいものをとる

これだけは最低限意識し筋肉維持した基礎代謝の高い体を維持するようにしてます

お酒呑んじゃいますが^^;


塩分と水分の調整でむくみが改善されただけで見た目変る方もいるし、やはり人それぞれ、そんな中での己の模索です


安いけど高カロリー

高いけど低カロリー

世の中の外食の値段とカロリーの反比例というか、仕組みを知った時に

この世の美味しいものは、総じて油と糖の組み合わせの高カロリーな物が多く(脂肪になりやすい物)

知識を得れば得るほど、毒を(自分にとっての)売ってるな〜って思ってみたり

以来一切食べなくなった物もありますし
(特に菓子○ン・スナ○ク菓子等々)

突き詰めれば突き詰めるほど

一汁一菜・ご飯は茶碗に半分・焼き魚1尾 を朝昼晩 おやつに饅頭1個
(腹八分目って本当に凄い先人の発見した究極の言葉)

和食って結局究極のカロリーと糖質・脂質・たんぱく質の整ったバランス食だよなって感心した事があります

筋トレをしたからこそ得られた知識、もっと早くに知っておきたかった事ばかりで家庭科の時に教わりたかったなとか思ってみたり^^;


と、そんな事に気をつけ卵・肉・魚、たんぱく質を多めに取る食事をしてるのですが

よく卵はゆで卵にして食べます

ゆで卵を食べる時

一食に5個食べるのですが(そのうち黄身は1個だけ)、白身だけを食べる時、塩だけだとあの独特の匂いがきついので

ちょこっと味噌をのせて食べると臭みが消えてガンガン食べれたりします
(もちろん味噌少な目を心がけますが)

といった感じに結構自分は味噌がありがたい存在だったりします

是非今度ゆで卵食べる時に試してみて下さい、おすすめです

安くて高たんぱくな鳥胸肉など、美味しく食べる工夫と情報を得る努力は筋トレしてる皆様は絶対に通ってる道かと^^


自分が筋トレしてる意味

だんべる (2).JPG

身も心もウィークポイントだらけの己の自己鍛錬でしかなく競技に出場とかはまったく考えてないのですが

同じ場所、同じ器具で御一緒に鍛え

上記のような知識以上に体の構造を熟知し経験から導かれた自分に合った鍛錬を実践され日本一になる!

そんな凄い方々の姿を間近で見る事が励みになり鼓舞するし誇りをわけて頂いたような感覚になるからこそジムに通ってたりします


この夏

アニマル浜口ジムから

第31回東京クラス別ボディビル選手権大会ミスター55kg以下級に

関野浩二さんが出場され、見事に優勝されました!

関野さん2.jpg

関野さん.jpg

関野さん優勝.jpg
関野さんおめでとう御座います


そして今年80歳になられた現役ボディビルダー荒川さん

伊勢マスターズ.jpg

荒川さん記事.jpg
伊勢で行われたマスターズ選手権大会80歳以上の部で3位になられました

荒川さん52歳時.jpg
写真は荒川さん52歳時にミスター東京マスターズで準優勝された時の模様です

掲載許可済


メダリスト京子ちゃんも関野さんも荒川さんも

こんなに凄い日本一の方がいらっしゃる環境で御一緒に鍛錬できる事の意味

あらためて感謝でしかありません


関野さん曰く

「個人競技は誰が何を言おうと、やるのは自分、結果も自分」

とても響く言葉でした


生きがい・生き様

未だ模索する中

道場訓にもある「迷い不安消し去り気迫充満」

その言葉を、ジムの皆様の背中を見てあらためて刻み付けてます

そして最後に


アニマル浜口会長(41歳当時)
1988ミスター東京(第6回 シニア東京優勝)

TVで見る浜口会長とはまったく別次元で神様だな〜って^^

アニマル浜口会長22.JPG
浜口会長22歳の頃は本当にキン肉マン!

この凄い映像拝見する度、モチベーションがフルテンションです!気合だ〜!!

荒川さん、関野さん、おめでとう御座います
posted by GON at 21:33| 東京 ☔| 道場・ジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

浅草今昔

浅草今昔

今BSジャパンで「男はつらいよ」毎週土曜日放送してます

録画ですが欠かさず見て時代毎の風景の移り変わりや寅さんの優しさ溢れるろくでなしっぷりを楽しんでます^^


以前にも記しましたが

パパと呼ばないで



太陽にほえろ!



70年〜80年辺りに放送されたドラマを見るのが好きで

子供の頃に現実に見てたけど解体されてたり残ってたりする映り込みの建物や風景

今も活躍されてる役者さん達の若い頃

そんな昔の映像を見て

「あれ?ここあそこかな?」なんて探したりするのが好きだったりします


男はつらいよ

寅さんは何作か見たのですがちゃんと通して見るのは初めてで

やっぱり寅さんにもワクワクするような昔の風景が沢山映ってます

「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」では中村雅俊さんと大竹しのぶさんのデートが不忍池だったり

「男はつらいよ 寅次郎春の夢」でも上野駅界隈が沢山映ってたりしてます
(上記はまた上野今昔と題して記します)


今回は木の実ナナさんがマドンナ役をされてた

「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」

この作品には見慣れた浅草界隈が沢山映っていて、ワクワクがとまりませんでした


自分はよく浅草ビューホテルを利用するのですが

その浅草ビューホテルの建つ前は浅草国際劇場という建物がありました

浅草国際劇場をwikiで調べてみると

なんと驚く事に

1976年(昭和51年)2月1日、フランク・ザッパの来日公演
1981年(昭和56年)12月14日〜12月16日、キング・クリムゾンの来日公演

すんごいアーティストが浅草に来てたんだなぁ〜><って

そしてこのキングクリムゾンの翌日に!

1981年12月17日、LOUDNESSデビューコンサート

浅草でLOUDNESSがデビューライブをされてたのか〜とほんとビックリしました

一つの映画のワンシーンから色んな知識を得られたりする、本当に楽しいです

と言う事で、映画のシーンと今を見比べられるような写真を撮ってきました


〜浅草今昔〜

国際劇場と浅草ビューホテル.jpg
浅草ビューホテル・浅草国際劇場、不思議な感じです

ヨシカミ今昔.jpg

ヨシカミ今昔2.jpg
ヨシカミ界隈で寅さんが商売してたんだな〜って、っていうかヨシカミが殆ど変ってないですね

ROX3方面今昔.jpg

ROX3方面今昔2.jpg
ヨシカミのはす向かいを見てる感じ、今はROX3のある場所

そして

新世界から浅草寺産業会館方面.jpg
これはまた別作品「男はつらいよ・翔んでる寅次郎」の1シーンですが、現国際通りにある三平ストア辺りから浅草寺の五重塔方面を映してると思われ

浅草寺五重塔は変ってないし40年以上前から産業会館があるんだな〜って色々込み上げるものがあります

いつか自分もこの世から居なくなり、建物や世界が変った時

上にあげた写真を懐かしいなって思う子供が居るかもしれませんね、今の自分のように

ってな訳で

楽しくノスタルジックに浸りまくってます

読んで頂き有難う御座いました^^

ps
岡本茉利さんの声を聴き、いなかっぺ大将のキクちゃんだ!、ヤッターマンのアイちゃんだ!、花の子ルンルンのルンルンだ!って歓喜してたりもします



柴又慕情の吉永小百合さんは女神
posted by GON at 00:53| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

ビアガーデン

毎夏恒例にしてる上野精養軒でのビアガーデン

自分にとって思い出深い場所でもあり、本当に素敵な風景を眺めながら時間を忘れる事を嗜む場所です

精養軒ビアガーデン2017フライヤー.jpg

8月はずっと雨続きでアナウンスできなかったのですが

9月に入ってからのビアガーデンが終わるまでのラストの週に参加者を募り皆様と行ってきました

が・・・

中止.jpg
・・・結果雨で閉鎖><

本当に読めない夏でありました

しかし翌々日

やはりどうしても行きたくて(自分的に供養もあるので)一人ビアガーデンで皆の分もガッツリ夜景を目に焼付けビールを流し込んできました

上野精養軒.jpg

参加してくれたみんなスマン><来年こそは

景色.jpg

沢山の方とこの夜景を見ながら楽しい時間を過ごせたらなって

ほんとにただただそれだけ

また来夏

アナウンスした際

是非ご都合よき方、参加して下さい

ジョッキ.jpg
グラスじゃないよジョッキだよ^^;
posted by GON at 00:58| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨骨話FINAL

さて!

何度か骨折の事を当駄ブログに記してきましたがこれでFINALです


先ずはじめに

3月に左腕の尺骨を骨折し沢山の方に御迷惑と御心配お掛けしました事

あらためて申し訳御座いませんでした


約半年、完治まで下記写真のような状態でした

ポッキリゴン腕.jpg
折れたてホヤホヤ

S__5177346.jpg
三ヶ月辺り

GON腕骨完治.jpg
そして完治状態

と言う事で

すっかり骨も形成され完治致しました


4ヶ月位ではまだまだ痛みもあり、ずっと背負ってくのかななんて思ってましたが

もうすっかり痛みはありません

今現在骨折され不安で過ごしてる方は世界中に沢山にいらっしゃると思いますが

必ず克服できる日がきますのでどうかめげずにと・・・


ベンチプレス140kg

ダンベルプレス48kg

ノーギアで上げられるまでになり

ギターやベースのグリップ力もほぼ怪我前の状態になりました

若干残る手首と肩のストレッチが利かないスカスカ感を埋めていかねばですが

それも戒めと捉え進むのみです


滞ってたバンドの事、PVやミニアルバムCD化

やっとスイッチオンで気力が沸きはじめてきました

尖璃琉-DRILLも誰かの元気になれるようとことん頑張るのみです

尖璃琉-DRILL

応援を是非宜しくお願い致します


本当に人体の治癒力は凄いものです
posted by GON at 00:32| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

オペラ「ポッペアの戴冠」

2週ほど経過してしまいましたが

先日、赤地カレンさんの御出演されたオペラ「ポッペアの戴冠」を拝見してきました

ポッペアの戴冠1.JPG

オペラは高校時ブラスバンド部の顧問先生も声楽の方で「魔笛」を見た以来の観劇でした

今回の「ポッペアの戴冠」

舞台の両サイドに電光掲示で歌詞の訳が表示されてたり

コミカルな動きや素敵な舞台装置、新宿コマ劇場北島三郎さんでしか見た事のないような紙ふぶき^^

凄く見せ方の進化というか沢山の発見が有りとても楽しく観劇させて頂きました

ポッペアの戴冠3.JPG

オペラの歌声はアタックの無い歌声

例えると <ァア〜♪> こんな感じに自分は聴こえるのですが

あの声はどこから出てくるのだろう

マイクやアンプを通さないであの響き渡る声

女性の突き抜ける高音も、音に埋もれがちなのに埋もれない男性の太い中低音も

計り知れないほどの鍛錬を重ねられてきたのだろうなと感心でした

呟きもしたのですが

本当に空気すら彩られる歌唱と演奏、そして超満員の拍手喝采は本当に鳥肌が立ち

約3時間半があっという間、価値ある時間を過ごす事ができ心身共に潤った感じです

カレンさん、招待までして頂き本当に有難う御座いました

ポッペアの戴冠2.JPG

是非皆様も機会ありましたらオペラ観劇してみて下さい、素敵ですよ(o^ー')b

チェンバロやパイプオルガンの音色ってかっこいいです^^;いつか取り入れたい

(写真は全て終演後に撮影)

ps
「魔笛」←高校時分これを後輩がまじめに「まぶえ」と読んで可愛いヤツだな〜と思いました^^
posted by GON at 18:44| 東京 ☔| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ