2018年12月21日

託す命・2018有難う御座いました

怪我続きの2年

そして

今年は家族・友人との別れ

来年4月以降、同級がいよいよ50歳をむかえる事もあり

意識がかなり変化した年になりました


あと1年の命だとしたら

その1年を大切な人の先の10年に繋げられるような生き方

避けて通れぬ死を意識すればこその命の使い方

託せる幸せを感じつつ日々過ごすことが出来ました

これからは1つ1つが全力の終活でもあるなと

いい意味で覚悟が持てた1年でした


リアルもSNSも

今年関わって頂いた全ての皆様へ感謝申し上げます

まだツイートはする予定ですが、こちらのブログでは一足先に

2018有難う御座いました



寒い日々続き、電車バスでは咳き込む人も見かけます

どうかみなさま暖かくお過ごし下さい

(o^ー')b


posted by GON at 22:52| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石の上にも

去る11/30

新宿ルイードK4にて行われました

S__4325415.jpg

MAYOの20周年ライブ

音風以来15年

MAYOGON2003.JPG
(15年前)

時に妹

時に姉

時に同志

時にリスペクト

そんなMAYOの20周年ライブに携わり見届ける事が出来ました


次の10年後に全力で支えられる自分は居ないかもしれない

そう思えばこその全力応援

自分でも引くくらいツイッターではMAYOのプロモアシストさせて頂きました

MAYOの歌・おもしろさを沢山の人に知ってほしい

ただただそれだけです

#SisterMAYO20周年ライブ 

↑ツイッター上でこのハッシュタグ検索すると自分が発したものではありますがMAYOの軌跡を見る事ができます

是非今後ともMAYOの活動を温かく見守り応援して下さい

S__18235400iygig.jpg

御来場頂いたMAYOファン皆様・関係各位皆様へ心より感謝申し上げます

S__18235398lyhhh.jpg

MAYO20周年おめでとう


そしてこの日出演されたモノマネタレントのsa'Toshlさん @superpakurist

謙虚で優しくて、覚悟・志、誰よりもToshiさんを大切に想われてて

気が付けばずっと仲良くいちばんおしゃべりしてました

DtUlFvvV4AE3y0r.jpg

sa'Toshlさん有難う御座いました

sa'Toshlさん出演されるガクトさんの神威学園!必見です!!
posted by GON at 22:37| 東京 ☀| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

「花」

「花」

という曲を作り

furaniちゃんがピアノアレンジしてくれました

そしてこの曲を

金城色ちゃんが歌ってくれる事になりました

furaniちゃんとは音風からもう15年、最近ではランチをしたりしてます

二人にはDRILLのレコーディングにも協力して頂き

素晴らしい音源に仕上がることができました

ありがたいことです

ミュージシャン・アーティストとしてとてもリスペクトしてます


今、この「花」を音源化するため二人の力を借りて作業してます

オケの段階でも素敵に仕上がってるので動画を作ってみました

どうか当駄ブログ見て下さってる皆様の時間を3分下さい

そして

是非見て聴いて気に入って下さい

心に届けば嬉しいです



このオケに歌が入り曲がちゃんと音源化されたその時、また是非応援して下さい


そしてそして


furaniちゃんも色ちゃんも精力的にライブ活動を行ってます

その中でも大切なワンマンライブが近々各々にあります

★色ちゃん
10/6(土)赤坂グラフィティ
金城 色 初レコ発

色ちゃんがカヴァーするイーグルスの「デスペラード」と夏川りみさんの「涙そうそう」は本当に素敵




↑色ちゃん動画

★furaniちゃん
11/3(土祝)恵比寿天窓.switch
furani15thワンマンライブ ふらにばいためvol.15

furaniちゃんの「100円玉の勇気」は未だ想念震えて涙でます、オーケストラのライブも本当に圧巻!




↑furaniちゃん動画

近々行われる2人のワンマンライブの応援も重ねてお願い致します


去年怪我で何もできなかった分

自分も今年は年末あたりにライブが出来たらななんて思ってます

その時は遊びに来て下さい







ps

この「花」を他界した父に捧げつつ
posted by GON at 09:27| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

2018.7.17

ツイッターにも記しましたが

あの日以来

毎年今日という日を迎える度

命・時間・想い「生きる」という事をより深く考えるようになりました

写真の泰司さんと自分

TAIJI&GON1.jpg

TAIJI&GON2.jpg

TAIJI&GON3.jpg

この時から四半世紀の年月が経ちました

それでも色褪せず変わらぬ事

喜怒哀楽、御一緒に過ごさせて頂いた日々

自分の寿命尽きるその時まで

ずっとこの笑顔と残してくれた音を

沢山チャンスを与えてくれた事・沢山救って頂いた事

その御恩をいつまでも心の中に



Voiceless 音風otokaze version
TAIJI・furani・GON


ベースも

ギターも

いつでも手を伸ばすだけで触れ奏でる事ができる

その幸せをかみしめて

S_8276547256674.jpg

また明日からも進みます
posted by GON at 16:24| 東京 ☀| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

「男はつらいよ」GONのメモ

昨年の4月〜今年の3月まで

BSジャパンで毎週土曜日に「男はつらいよ」全48作を放送してました

かねてから寅さんを通して見たかったのですが

3〜9月腕骨折

10〜4月中足骨骨折と

動けない時期も重なり、その気晴らしにもなった有難い放送でした


以前のブログにも書きましたが、自分は昔のドラマや映画をよく見ます

そして撮影当時のロケ地も気になってしまうのでストーリーと背景を二重に楽しんでるような感じです


以下、少々勝手な文章もあるかと思いますが寅さんの事をどうしてもブログに記したかったので

「男はつらいよ」48作見た個人的なプチ感想と気になったロケ地(都内)に赴いたりした写真をアップしてみます


寅さん

柴又2.jpg

初めて1作目から見たのですが

正直、6作目あたりまで

当時の時代が映り込む背景には目を輝かせてたものの

「どうしてこんな身勝手なろくでなしが?」なんて

面白さというより寅さんの言動や行動を不愉快に思った事も多かったです

それは渥美清さん演じる車寅次郎が演技を超えた存在だったからこそ見事に入り込んでしまったんだなと

だんだんと寅免疫もでき、7作目(榊原るみさんがマドンナ)あたりから

寅さんの優しさ溢れるろくでなしっぷりに更に引き込まれるようになっていきました

当時の人々が、映画館に足を運んでまで見たかった寅さんは時代が求めてたヒーローなのかななんて思ってみたり


48作・約27年

夏と冬の年に2度上映(年1度もあったようですが)

27年分を1年に凝縮し週イチで見てるとタイムマシンに乗ってるような時代の遷り変りがよくわかります

自分は「男はつらいよ」とほぼ同い年なので

作品毎に自分が何歳だったなんて照らし合わせながら懐かしいなって思う事も沢山詰まってました

寅さんが歩いた江戸川.jpg

女優さん

毎回寅さんのマドンナ・ゲストの女優さんが出演されますが

リリー役の浅丘ルリ子さん・歌子役の吉永小百合さん(超キュート)は同じ役柄で2度出演されてる一方

竹下景子さんは3度の最多・大原麗子さんも2度・檀ふみさんは2度中1度マドンナをされたのですがそれぞれ役柄が違う

初期の旅芸人一座の娘役は岡本茉利さんだったけど、マドンナで扱われた37作では志穂美悦子さんになってたり

タコ社長の娘役の美保純さんも突然出てきて突然居なくなって

連続性がワクワクしてしまう性分としてはちょっと残念だったり

それもひっくるめてコアなファンになってしまったということで

もう一つ驚いたのは

1980年 「寅次郎かもめ歌」で

第26作1980年12月27日男はつらいよ寅次郎かもめ歌田中美佐子さん.jpg

ちょい役で出演されてた田中美佐子さんのオーラがハンパなくびっくりするほど今風でお綺麗でした


〜全てを見終わり〜

これは個人的意見ですが自分が1番好きなのは

第18作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」です

寅さんのおすすめは?なんて問われたらこれを推します

京マチ子さん「お名前は?」

寅さん「とらじろ〜です・・・」

モジモジしながら答える寅さんが可愛いのと

途中、京マチ子さん演じるマドンナが亡くなってしまうのですが

ラストの柴又駅で寅さんとさくらさんが会話するシーンに涙止まりませんでした


他界されてしまった沢山のアーティストや役者さん

全盛期の頃に戻ってもう1作だけ見れたら・聴けたらなんて叶わぬ願い多々ある中、寅さんへもそんな想いです

今現在、全盛期の寅さんが居たらマドンナはだれになるかな?なんて想像もしてしまいました


渥美清さんが他界された後に国民栄誉賞を受賞された事を知り

それはきっと寅さんにも送られたんだなって

1年間48作見て寅さんがなぜ人々を魅了したのか

この記事の冒頭に書いたように見始めた当初は寅さんを「身勝手なろくでなし」呼ばわりした自分が

「次の寅さん早く見たいな」って思うようになっていた

そういう事なんだなって

その偉大さに今では感銘を受けつつ今更ですが寅ロスに陥ってます


また時間を作って見返して寅さんから元気を貰おうと思います


〜ロケ地めぐり〜

以下、見覚えのあるピンときたロケ場所(文京・上野・浅草)の写真を撮りました

劇中と2018現在の比較ができるようにした写真です

まずは


第18作「寅次郎純情詩集」
根津神社.jpg

第18作1976年12月25日男はつらいよ 寅次郎純情詩集根津神社.jpg
寅さん根津神社で商売


第20作「寅次郎頑張れ」
第20作1977年12月24日男はつらいよ 寅次郎頑張れ不忍池2.jpg

第20作1977年12月24日男はつらいよ 寅次郎頑張れ不忍池.jpg
中村雅俊さんと大竹しのぶさんがデートしてた不忍池


第21作「寅次郎わが道をゆく」
第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草.jpg
浅草国際劇場が浅草ビューホテルへと変貌

第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草2.jpg
洋食ヨシカミは変わらず

第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草4.jpg

第21作1978年8月5日男はつらいよ寅次郎わが道をゆく浅草3.jpg
ヨシカミ周辺は様変わり


第23作「翔んでる寅次郎」
第23作1979年8月4日男はつらいよ 翔んでる寅次郎国際通り三平ストア辺り浅草寺五重塔方面.jpg
浅草国際通り三平ストア辺りから浅草寺の五重塔方面を映してる下で寅さん商売


第24作「寅次郎春の夢」
第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢上野2.jpg

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢上野1.jpg

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢上野3.jpg
寅さん上野で呑む

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢不忍池2.jpg

第24作1979年12月28日男はつらいよ寅次郎春の夢不忍池.jpg
寅さん不忍池で商売


第28作「 寅次郎紙風船」
第28作1981年12月28日男はつらいよ 寅次郎紙風船菊坂下2.jpg

第28作1981年12月28日男はつらいよ 寅次郎紙風船菊坂下1.jpg
寅さん菊坂下にあらわる


第35作「寅次郎恋愛塾」
第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾2.jpg

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾1.jpg
平田満さんが寅さんに会いに傳通院辺り歩いてる

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾上野.jpg
平田満さんと樋口可南子さんのデートは上野

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾上野2.jpg
寅さん上野で呑んでる

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾白山下.jpg

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾白山下2.jpg

第35作1985年8月3日男はつらいよ寅次郎恋愛塾白山下3.jpg
樋口可南子さんのアパート・白山周辺


第37作「幸福の青い鳥」
第37作1986年12月20日男はつらいよ幸福の青い鳥.jpg
長渕剛さんが絵を運んできたのは芸大横


第47作「拝啓車寅次郎様」
満男の会社1.jpg

満男の会社2.jpg
いつも通ってるアニマル浜口道場の裏が満男の会社

第47作1995年12月23日男はつらいよ拝啓車寅次郎様.jpg
会社の出入口は馬道交差点付近の別の場所

上記全て週に2度以上通ってる場所なのですぐにピンときた場所でした

こんな近くで寅さんのロケしてたんだな〜とめちゃくちゃテンション上がってしまい

通りかかった際にパチパチ写真撮って楽しんでました

もうすっかりオタクです


〜オマケ〜

太陽にほえろ!ボン時代の第205話「ジョーズ探偵の悲しい事件簿」に
太陽にほえろ!第205話「ジョーズ探偵の悲しい事件簿」男はつらいよ葛飾立志篇.jpg
第16作 1975年12月「葛飾立志篇」の看板が映ってました

こういうのがワクワクしちゃうんです


よく浅草に来てた寅さん

スカイツリー.jpg
スカイツリーを見たらなんて言うのかな

今では無理な表現も許されてた時代があったり

柴又1.jpg

人も風景も変わっていくけど残る映像に沢山励まされました

柴又3.jpg

本当にこの1年、とても楽しませてもらいました

当駄ブログ読んで頂いた方がちょっとでも寅さん見てみたいなって思って頂けたら幸いです

のんびり柴又散歩もオススメです
posted by GON at 23:04| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

オペラ「ポッペアの戴冠」

2週ほど経過してしまいましたが

先日、赤地カレンさんの御出演されたオペラ「ポッペアの戴冠」を拝見してきました

ポッペアの戴冠1.JPG

オペラは高校時ブラスバンド部の顧問先生も声楽の方で「魔笛」を見た以来の観劇でした

今回の「ポッペアの戴冠」

舞台の両サイドに電光掲示で歌詞の訳が表示されてたり

コミカルな動きや素敵な舞台装置、新宿コマ劇場北島三郎さんでしか見た事のないような紙ふぶき^^

凄く見せ方の進化というか沢山の発見が有りとても楽しく観劇させて頂きました

ポッペアの戴冠3.JPG

オペラの歌声はアタックの無い歌声

例えると <ァア〜♪> こんな感じに自分は聴こえるのですが

あの声はどこから出てくるのだろう

マイクやアンプを通さないであの響き渡る声

女性の突き抜ける高音も、音に埋もれがちなのに埋もれない男性の太い中低音も

計り知れないほどの鍛錬を重ねられてきたのだろうなと感心でした

呟きもしたのですが

本当に空気すら彩られる歌唱と演奏、そして超満員の拍手喝采は本当に鳥肌が立ち

約3時間半があっという間、価値ある時間を過ごす事ができ心身共に潤った感じです

カレンさん、招待までして頂き本当に有難う御座いました

ポッペアの戴冠2.JPG

是非皆様も機会ありましたらオペラ観劇してみて下さい、素敵ですよ(o^ー')b

チェンバロやパイプオルガンの音色ってかっこいいです^^;いつか取り入れたい

(写真は全て終演後に撮影)

ps
「魔笛」←高校時分これを後輩がまじめに「まぶえ」と読んで可愛いヤツだな〜と思いました^^
posted by GON at 18:44| 東京 ☔| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

兄貴とサシ呑み

9月になりました、早いものですね

先月の半ばの事ですが

DTR/Vo、竹内光雄兄ィのお誘いを受け

神保町に新しくオープンする

Live bar「駿河台下スタジオ」の音出しに参加させて頂きました

伺うと、既にDTR/keyの清水さんも音を出されてて

5年前御一緒させて頂いた以来セッションさせて頂きました

S__7528453.jpg

今後、お店をオープンするにあたってのモニター調整の音出しだったので

ほんの少しの時間、数曲だけ合わせて頂きました


音出し後、店を移して四半世紀ぶりに光雄兄ぃとサシ呑みさせて頂きました

光雄兄ぃと.jpg
[写真掲載許可済]

DTRのツアーに同行させて頂いた時

名古屋から東京に向かう新幹線で光雄兄ぃが御馳走してくれた鰻弁当の味

とか

クラブチッタの打ち上げで川崎の某焼肉屋で初めてレバ刺し食べさせて頂いた時の味

とか^^(食べ物のことばかりだなぁ)

テレビ埼玉の収録(ここで初めてPATAさんとお会いしました)や

本当にあちこち御一緒させて頂いたし御縁の輪も広げて頂いたし

頭の中を沢山の思い出がめぐりました


年末に向け

光雄兄ィはさかもとえいぞうさんとのプロジェクトを再びされたり

クラシックロックジャムへの出演もあるとの事


今まで光雄兄ぃや泰司さんの後姿を追いかけてきて、未だそれが続いてる


光雄兄ぃやヨシオから「竹内家の兄弟じゃね〜か」なんて言って頂いたり

MAYOには沢田ゴン太で登録して貰う事もあったり^^

気にかけて頂いてホントありがたい


未だ大きな兄貴達の背中を追えるって嬉しいことだなって

この歳になっても、そんな事を思いました


是非、光雄兄ぃのライブへ皆様も足をお運び下さい

光雄兄ぃツイッター→@mitsuotakeuchi

そして音楽関係の皆様、Live bar「駿河台下スタジオ」もよろしくお願い致します


自分ももっともっと近づけるよう精進です

2012717全員集合.jpg

ROCK!

ドリルもがんばるぞ!w→どりる
posted by GON at 13:50| 東京 ☔| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

覚悟の先の未来へ

昨日の池袋 Black Hole / MIRACLE FORMATION・DTRライブ

一つの想いを胸にし拝見してきました


DTRメンバー皆様の優しい天国への手向け

そしてそれを拝見させて頂き

断ち切るという意味ではなく

人生の残りの未来

大切に悔いなく進むための区切りとして

自分なりに受け止めてきました



泰司さんの他界を知らされた時

納骨に参列させて頂いた時

一周忌、DTR・音風追悼の時

ママのお供をしてお墓参りする時

毎年の誕生日・御命日

七回忌法要に参列させて頂いた時

どの時も込み上げる感情がありましたが

拝見させて頂いた今回のライブで

「Circle Of Nations」のSEがライブハウスに流れた時

泰司さんが他界されてからのどの時よりも

「悲しい」

という感情がドっと溢れてしまい涙が止まりませんでした

DTR・音風追悼を鹿鳴館でさせて頂いた時

最後に藤本さんがMCでおっしゃられた言葉があります

〜〜〜
TAIちゃんは、TAIちゃんの生き様なんです
偲ぶって気持ちはみんな其々あると思うんだ

俺たちめぐり合えてROCKとか音楽とか純粋に大好きで
それをみんなが体感して彼が作った音楽に触れてくれてるから
だから集まってきてくれてると思うから

それだけで良くね
音楽に罪ねぇし音楽は絶対消えないから

俺はボイスレスなんか聴いたら涙止まんなくなっちゃうから
でも泰司はそういうガラじゃないんだ
人の痛みとか音で表現してるヤツだったから
これからもみんな想ってて下さい
亡くなってから生きるじゃないけど
みんなの心の中に泰司は居るから
〜〜〜

俺はこの藤本さんの言葉に未だ力を頂いてます

泣きっ面見せてばっかですが・・・

心晴れないファンの方も多いと思います

そんな方に藤本さんのこの言葉を目にして欲しいなって



人生の上で沢山の事を学ばせて頂いたDTR

S__6668291.jpg

昨日のライブを拝見し

自分のROCKを迷いなくぶつけて行く覚悟を心に刻み付ける事が改めてできました

S__6668292.jpg

本当に心から感謝してます
posted by GON at 02:10| 東京 ☀| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

心にいつまでも

昨日

大変僭越ながら泰司さんの七回忌法要に参列させて頂きました

御厚意で御塔婆も手向けさせて頂く事ができましたので、ファン一同よりとの意も込めさせて頂きました


昨日も沢山の方がお墓参りにいらして

御命日とXのライブも重なり、中にはお参り後に横浜へ赴く方もいらしてました

毎年、本当に日差しが強い酷暑の時期に訪れてくれたファン皆様のお心に、きっと天国で喜ばれてる事だと思います

そして

「皆いつもお墓を綺麗にしてくれてありがとう」と

ママがとても感謝されていた事をここで代弁させて頂きます


泰司さんが他界され6年、七回忌

年月は長くもあり短くもあり

誰もが月日を様々な想いで過ごされた事と思います


6年と言う年月は様々な変化があります

それでも

歳を重ねても

変わらない気持ちや想いがありますね

S__6406148.jpg

これから先もずっと心の中に泰司さんを想わない日なんてないなって

あらためてそう思いました

S__6463491.jpg

ありがとう、泰司さん


〜以下、今後泰司さんのお墓参りされる皆様へ〜

自分がアナウンスするのは大変さしでがましく思っておりますが皆様に代弁でお伝えしたい事があります

既にお墓を御存知の方が多いと思いますが

お墓には泰司さんのお婆ちゃんも居らっしゃいますし、一般の方のお墓にも隣接しています

お墓の詳しい場所をお伝えする事は出来ませんが、今後お墓参りされる方へお願いがあります

★缶やビン等の飲料

★CD等プラスチック製品・印刷された紙が入ってる物等

風雨にさらされ劣化してしまった物を処分するのも忍びなく、かといって管理も大変になってしまいます

供えて頂いたお気持ちには心より感謝致しておりますが

霊園・墓石の管理からもお供えはお線香やお花に限りお願いしたいとの事です

上に記したような物は一時お供えされました後、各位持ち帰って頂く事を

当駄ブログを見て頂いた方だけでも御理解と御協力をお願いしたく思っております

是非上記の旨、みんなで広めて頂けたら幸いです

何卒宜しくお願い致します
posted by GON at 22:57| 東京 ☀| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

Voiceless 音風otokaze version

焼きついてる光景、匂い、感覚、その全てが色あせないまま今も時が進み

いつでも切れそうな糸を必死に手繰り寄せ

今を生きてる大切な全ての皆様に支えられ

その都度何かを見出し

その都度何かを感じながら

生きています



今日は泰司さんの御命日であり七回忌です



七回忌に思う事

今もいつでも心に泰司さんの笑顔が浮かび勇気を頂いてます


御一緒に過ごした日々を誇りに今を生き抜き

いつか自分も全うし向こうへ行った時、笑顔でいられるよう

感謝を胸に悔いなく進みたいと思ってます


沢山救って頂いた自分が出来る事

2003年12月

音風初ライブ時に泰司さんと御一緒に演奏させて頂いた最初で最後のVoiceless 音風otokaze version



今も思いを寄せる皆様と心を重ね、天国の泰司さんに届けばいいなと、そんな想いです
(許可は得てます)

あふれ出てくる沢山の文言はありますが・・・本当に心から想うこと

ただただ一言

泰司さんファン皆様と心を共に

泰司さん、ありがとう
posted by GON at 08:00| 東京 ☀| 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。